HOME > NEWS > 平成23年度天皇杯・皇后杯 ファイナルラウンド 組合せ決定

NEWS

国内大会平成23年度天皇杯・皇后杯 ファイナルラウンド 組合せ決定

バレーボールを行う全てのチーム(中学生以上の約30,000チーム)が日本一を目指す事ができる唯一の大会「平成23年度 天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会」のファイナルラウンドが、1214日(水)~18日(日)に東京体育館にて開催されます。本日は本大会の組合せが決定いたしましたので、お知らせいたします。

ファイナルラウンドでは、ブロックラウンドを勝ち抜いた男女各16チームとV・プレミアチーム男女各8チームの合計48チームによるトーナメント戦が行われ、男子優勝チームに天皇杯、女子優勝チームに皇后杯が授与されます。

 

 

平成23年度 天皇杯・皇后杯 全日本選手権大会 ファイナルラウンド 概要

 

■開催期間・会場

 

 20111214()18() ・ 東京体育館(東京都渋谷区千駄ヶ谷1171

 

 

■出場チーム

 

 ◇男子V・プレミアリーグ

堺ブレイザーズ、サントリーサンバーズ、東レアローズ、パナソニックパンサーズ、JTサンダーズ、豊田合成トレフェルサ、

FC東京、大分三好ヴァイセアドラー

 

 ◇女子V・プレミアリーグ

JTマーヴェラス、東レアローズ、久光製薬スプリングス、NECレッドロケッツ、トヨタ車体クインシーズ、

デンソーエアリービーズ、パイオニアレッドウィングス、岡山シーガルズ

 

  ◇男子ブロック代表

東海大学札幌校舎(北海道)、仙台大学(東北)、東海大学(関東)、国際武道大学(関東)、筑波大学(関東)

富士通カワサキレッドスピリッツ(関東)、長野日本大学高校(北信越)、愛知学院大学(東海)、ジェイテクトSTINGS(東海)

尼崎市立尼崎高校(近畿)、阪神デルフィーノ(近畿)、モリタ製作所(近畿)、東亜大学(中国)、松山工業高校(四国)

筑紫台高校(九州)、大村工業高校(九州)

 

 ◇女子ブロック代表

札幌大谷高校(北海道)、古川学園高校(東北)、日本体育大学(関東)、東海大学(関東)、下北沢成徳高校(関東)

PFUブルーキャッツ(北信越)KUROBEアクアフェアリーズ(北信越)、中京大学(東海)JAぎふ(東海)

三洋電機レッドソア(近畿)、龍谷大学(近畿)、誠英高校(中国)、健祥会レッドハーツ(四国)、フォレストリーヴズ熊本(九州)

鹿屋体育大学(九州)、福岡大学(九州)

 

 

■優勝賞金

 

優勝: 1,000万円 、 準優勝: 400万円

 

»過去の記事一覧へ

NEWS

利用規約個人情報保護方針サイトマップお問合わせリンク