HOME > NEWS > 木村沙織選手 トルコリーグ「ワクフバンク」合流のため出発

NEWS

その他木村沙織選手 トルコリーグ「ワクフバンク」合流のため出発

 全日本女子チームの中心選手として活躍し、ロンドンオリンピックで銅メダルを獲得した木村沙織選手が97日、移籍先であるトルコ1部リーグに所属する「ワクフバンク(Vakifbank Sports Club)」に合流するため、成田空港からトルコへと旅立ちました。

 

 出発直前の成田空港では記者会見が行われ、木村選手は「海外でプレーすることも、生活をすることも初めての挑戦なので、苦しいことや勉強になることがたくさんあると思う。いろんな面で成長できるように頑張りたい。(トルコへの移籍を)決めたばかりの時は不安が多かったが、オリンピックを経て今は、全てにおいてこの選択をして良かったと思う。今は楽しみのほうが多い」と笑顔をのぞかせました。

 これからの目標と問われると、「今回、オリンピックでメダルを獲得したが、オリンピックを戦う中でもっとレベルアップをしたいと思ったし、もっと余裕のある選手になりたいと思った。攻撃面はもちろん、守備の部分でも全体的に安定したブレのない選手になりたい。これまでポジション争いをすることなく来たが、これからはそれを含めて楽しみ。リーグ優勝することが目標」と意気込みました。

 

 木村選手の所属する「ワクフバンク(Vakifbank Sports Club)」は本拠地をイスタンブールに構え、ドイツナショナルチームを率いたジョバンニ・グイデッティ監督が指揮を執ります。チームメイトにはセルビアのナショナルチームで活躍するエレーナ・ニコリッチ選手、昨シーズンJTマーヴェラスに所属したセルビアチームのエース、ヨバナ・ブラコチェビッチ選手、ポーランドの大砲、マウゴジャータ・グリンカ選手、ドイツのクリスティアーネ・フュルスト選手などこれまで国際大会で活躍してきた選手の名前がずらり。トルコリーグの開幕は10月上旬から中旬頃に予定されています。

 

 木村選手は910日に現地にて記者会見を行い、背番号やユニフォーム姿はその会見でお披露目される見込みです。

 新天地で更なる成長を目指す木村選手に、温かいご声援をよろしくお願いします。

 

 

写真

»過去の記事一覧へ

NEWS