HOME > NEWS > 全日本男子チーム新監督にゲーリー・サトウ氏が内定

NEWS

全日本全日本男子チーム新監督にゲーリー・サトウ氏が内定

 

 本日218日、公益財法人日本バレル協2012年度第7回理事(臨時)を行い、全日本男子バレルチムの監督にゲーリー・サトウ(アメリカ)定いたしました。

 

■会長・中野泰三郎 コメント

ゲーリー・サトウ氏は、アメリカ男子ナショナルチームのコーチとして、ソウルオリンピック優勝、バルセロナオリンピック3位、ロンドンオリンピック5位、と、世界トップレベルの渦中で世界の戦略を見てきた方。また、長年日本を外から見てきた方。1972年ミュンヘンオリンピックの金メダル以来、オリンピックのメダル獲得からは遠ざかっており、我々はもう一度ゼロから出発しないといけない。サトウ氏は日本での経験はないが、その分思い切った施策をしてくれるはず。今までとは違う発想と、日本の伝統を融合し、新しいバレーを期待したい。これからスタッフを決めていくことになるが、サトウ氏の持っているノウハウを、日本のコーチに教えていただき、日本のコーチ陣のレベルアップを図ってほしいとも思っている。

 

■強化事業本部本部長・森田淳悟 コメント

サトウ氏からは『私が1から10まで全部をやるのではなく、チームのマネジメントに特化し、サポートするコーチやアナリストにも仕事を任せて、最後はコートの中にいる選手がやる』という話があった。日本は現在世界ランキング19位。アジア各国が強くなっていく中、日本は停滞しているが、これを打破していくためには、刺激的に変えていかないといけない。19位をゼロと考え、上を目指していきたい。

 

 

全日本男子監督 ゲーリー・サトウ (Gary Sato) プロフィ

 

生年月日:        1955年1月2日生 (58歳)

 

出 身 地:        アメリカ・カリフォルニア州

 

出 身 校:     南カリフォルニア健康科学大学 カイロプラクティック 博士 (1989~1992年)

ペパーダイン大学 運動生理学 理学士 (1978年)

カリフォルニア大学サンタバーバラ校 (1975~1977年)

サンタモニカカレッジ (1973~1974年)

 

略  歴:

<アメリカ男子ナショナルチーム>

  1984~1988年 コーチ

           1985年ワールドカップ 優勝  ※代理監督

           1986年世界選手権 優勝

           1987年パンアメリカン競技大会 優勝

         1988年ソウルオリンピック 優勝

  1992年 コーチ

1992年バルセロナオリンピック 3位

  2009~2012年 コーチ

2012年ワールドリーグ 2位

2012年ロンドンオリンピック 5位

 

     ◎受賞歴:

1985年ワールドカップ 最優秀監督賞

 

<アメリカ男子ユースナショナルチーム>

  監督

                      2010年北中米ユース選手権大会 2位

 

<アメリカビーチバレー男女ナショナルチーム>

  監督

2007年パンアメリカン競技大会 2位

 

»過去の記事一覧へ

NEWS

利用規約個人情報保護方針サイトマップお問合わせリンク