HOME > NEWS > ヒットの特性に関するルール9.2.4の適用延期について

NEWS

その他ヒットの特性に関するルール9.2.4の適用延期について

 

 国際バレーボール連盟(FIVB)は422日、20129月にアナハイムで開催されたFIVB総会で承認されたルール9.2.4「サービスのレシーブでは、指を使ったオーバーハンドの動作でダブルコンタクト(1)やキャッチをした場合は反則となる」の適用について、実施の延期を発表しました。

 

延期の理由についてFIVBは「これまでのところ期待したほどの成功を収めていないため、公式競技会でのさらなるテストの結果が出るまで、上記ルール実施延期を決定した」と伝えています。

 

 以上の決定を受け、公益財団法人日本バレーボール協会で国内適用について検討をした結果、FIVBがルール9.2.4を正式に適用するまで、平成25年度国内競技会でのルール9.2.4の適用を延期することとしました。

 

 第62回黒鷲旗全日本男女選抜大会ではすでに延期の対応をしました。

 

※1...1人の選手が連続してボールを2回ヒットすること、またはボールが1人の選手の身体のさまざまな部分に連続して触れること。

 

 

»過去の記事一覧へ

NEWS

利用規約個人情報保護方針サイトマップお問合わせリンク