HOME > NEWS > 公益財団法人日本バレーボール協会 新会長および新業務執行理事について

NEWS

お知らせ公益財団法人日本バレーボール協会 新会長および新業務執行理事について

 

 公益財法人日本バレル協は本日622日に2013年度第4回理事(臨時)を開き、本日付で、羽牟裕一氏の長就任が決定いたしましたのでご報告申し上げます。

 

羽牟 裕一郎   現職:医師 医療法人博医会

     会長(代表理事)

     事務局長 []

     業務推進事業本部本部長 []

     強化事業本部本部長 []

 

○岩滿 一臣    現職:(株)イワミツ代表取締役

     業務執行理事

     M&M(マーケティング&マーチャンダイジング)事業本部本部長

 

○下山 隆志    元職:都立小平高等学校教諭

     業務執行理事

     国内事業本部本部長

 

○小島 和行    現職:公益財団法人日本バレーボール協会職員

     業務執行理事

     ビーチバレーボール担当

 

○西脇 克治    現職:沖エンジニアリング(株)常務取締役

     業務執行理事

     国際事業本部本部長

 


※当面兼務いたします。後任につきましては、別途お知らせいたします。

 


■羽牟裕一郎会長 コメント

 本し、2期連赤字等の財務体質、暴力問題への対応や全日本男子チム新監督決定までのスピドのさに、外より大変厳しいご指摘をいただいた。

 それも踏まえて、私が長としてげる目標は4つ。1つ目は全日本男女ナショナルチ化。世界の豪と互角にえる新チムを作るために、全面的にバックアップする。2つ目は財政基盤の化。今年度も赤字予算でスタトしているため、加と支出削減をり、全力で字化を目指す。3つ目はバレル界における暴力体罰の根絶を、新理事を含めた係者の見識を動員して対応する。そして4つ目は、迅速な意思決定のための組織改革。

この4つの目標を達成するために、新理事15名が一丸となって取り組む。

 

 

 

»過去の記事一覧へ

NEWS