HOME > NEWS > 【現地レポート】頼れるキャプテン、小田桃香選手! 第17回世界ジュニア女子選手権大会(U-20)

NEWS

国際大会【現地レポート】頼れるキャプテン、小田桃香選手! 第17回世界ジュニア女子選手権大会(U-20)

 

 28年ぶりの決勝進出を果たした全日本ジュニア女子チームを引っ張る、頼れるキャプテンが小田桃香選手(東海大学)です。

 

 抜群のチームワークでここまで勝ち進んできた日本チーム、強さの源はお互いを、お互いが「信じる」心です。

 

 コートに立つ仲間、ベンチでサポートしてくれる仲間、治療やデータ分析、戦術を立てるために睡眠時間を削って献身的な支援を続けてきてくれたスタッフ。そして、この世界ジュニア選手権に立つための出場権を得た、昨年のアジアジュニア選手権メンバーでありながら、世界ジュニア選手権には残念ながら選出されなかった選手たち。たくさんの絆が支えになり、ここまで勝ち抜いてきたことを、誰より強く実感しているのがキャプテンの小田選手でした。

 

 「アジア(ジュニア選手権)も苦しかったけれど、みんなと一緒に乗り越えて世界(ジュニア)選手権をつかむことができた。周りでサポートしてくれるスタッフの方々や、日本で応援してくれる人たち、本当に周りのみんなに恵まれているのを実感しました」と言う小田選手は、攻守の要として、サーブレシーブやスパイクに奮闘するだけでなく、練習中は誰よりも大きな声を響かせています。優勝候補の呼び声が高かったトルコ、イタリアとの対戦時も、小田選手のディグ(スパイクレシーブ)が何度もチームを救いました。

 

 自らのプレーと背中、声で引っ張るキャプテンの存在が、全日本ジュニア女子チームを支え続けていたのは間違いありません。歴史に名を刻んだ誇りを胸に抱いて、これからの小田選手の更なる成長にもご注目ください。

 

 

 

»過去の記事一覧へ

NEWS