HOME > NEWS > 東洋の魔女が「2013 エイボン女性年度賞」を受賞

NEWS

お知らせ東洋の魔女が「2013 エイボン女性年度賞」を受賞

 

 1964年の東京オリンピックで活躍した全日本女子チーム(東洋の魔女)が、「2013 エイボン女性年度賞」を受賞し、131日に都内のホテルで行われた受賞式に、寺山(旧姓:宮本)美子さん、井(旧姓:谷田)絹子さん、中島(旧姓:半田)百合子さん、神田(旧姓:松村)好子さん、丸山(旧姓:磯)サタさんが出席しました。

 

 エイボン女性年度賞は、社のために有意義な活動をけ、功績をげている女性をエイボンプロダクツ株式社が表彰しているもので、今年度で34回目の開催となります。

 

 東洋の魔女は「1964年の東京オリンピックでは、5試合で落としたセットは1セットのみという倒的なさで金メダルを獲得。引退後も『ママさんバレル』の普及に力している」との理由で受賞しました。

 

 受賞者が指名する「指名寄付体」には、エイボンプロダクツ株式社より副賞と同額が寄付されますが、今後のバレル界の展に寄したいという東洋の魔女の皆さんの想いから、公益財法人日本バレル協が指名され、50万円の寄付を受けました。

 

 授賞式に参加した寺山恵美子さんは「名ある賞をいただき、本にありがとうございます。1964年東京オリンピックから40年がち、その間に私たちは母親業の傍ら、ママさんバレで社に貢できるようになりました。昨年お亡くなりになられた中村(姓:河西)昌枝さんも、きっと天から喜んでくれていると思います」と話しました。

 


»過去の記事一覧へ

NEWS