HOME > NEWS > FIVBワールドリーグ2014インターコンチネンタル・ラウンド アウェイゲームの対戦順が決定!

NEWS

国際大会FIVBワールドリーグ2014インターコンチネンタル・ラウンド アウェイゲームの対戦順が決定!

 

 FIVB(国際バレーボール連盟)26日、全日本男子チーム・龍神NIPPONが出場する「FIVBワールドリーグ2014」のスケジュールを発表しました。

 

 インターコンチネンタル・ラウンドでプールDの日本は第1(523日~25日の内2日間)にドイツ、第2(530日~61日の内2日間)にフランス、第3(66日~8日の内2日間)にアルゼンチンにて、それぞれアウェイゲームを戦うことが決まりました。

 

 なおすでにご案内しておりますが、日本は第4(614日・15)に愛知・パークアリーナ小牧にてアルゼンチン、第5(621日・22)に島津アリーナ京都(京都府立体育館)にてフランス、第6(628日・29)に埼玉・越谷市立総合体育館にてドイツをそれぞれ迎え、ホームゲームを行います。

 

 

 本大会は、全日本男子チームの南部正司新監督が率いる龍神NIPPONが戦う、シーズン初の公式戦の予定です。

 

 

»過去の記事一覧へ

NEWS