HOME > NEWS > パナソニックパンサーズが2年ぶりの優勝! 「2013/14 V・プレミアリーグ」男子ファイナル

NEWS

国内大会パナソニックパンサーズが2年ぶりの優勝! 「2013/14 V・プレミアリーグ」男子ファイナル

 

 2013/14 V・プレミアリーグの男子ファイナル(優勝決定戦)413日に東京体育館で行われ、セミファイナルリーグ戦2位のパナソニックパンサーズが、同1位のJTサンダーズにフルセット(25211325251619251510)2年ぶり、4回目となる優勝を果たしました。

 

 優勝決定戦の前に行われた3位決定戦では、堺ブレイザーズが東レアローズにフルセット(25172520252717251513)で勝利しました。

 

 優勝したパナソニックパンサーズには、ブランデージトロフィーと副賞の1,000万円が贈られました。

 

 パナソニックパンサーズの清水邦広選手は「今シーズン、高いブロック相手にどう打つかということを学んだ。勝てたのは、勝ちたいという気持ちが(パナソニックの方が)強かったからだと思う」と述べました。キャプテンの永野健選手は「5セット目にもつれ込んだら、どちらのチームが勝ちたい気持ちが強いかだと思っていた。僕はチーム全員を信じていたので、大丈夫だろうと思っていた」とキャプテンらしく試合を振り返りました。

 

 また、今年度から全日本男子チームの監督に就任するため、パナソニックパンサーズの監督として最後のV・プレミアリーグを戦った南部正司監督は、「(今日のような)戦い方は、今後の全日本男子を率いる上でも参考になる戦い方。いかに強いサーブを上げるか、また、1回で攻めるだけでなくセカンドチャンスをもらうこと。(全日本男子監督就任に伴い)来シーズンからパナソニックを離れるが、これからもっともっと強くなる要素があるチーム。ぜひ今後もパナソニックに期待してほしい」と熱く語りました。

 

■ファイナルラウンド最終順位

優勝: パナソニックパンサーズ

準優勝: JTサンダーズ

3位: 堺ブレイザーズ

4位: 東レアローズ

 

■個人賞

○優勝監督賞

南部正司(パナソニックパンサーズ)

 

○得点王(最多得点)

ペピチ, ミラン(堺ブレイザーズ)

 

○スパイク賞(アタック決定率)

清水邦広(パナソニックパンサーズ)

 

○ブロック賞(セット当たりブロック決定本数)

富松崇彰(東レアローズ)

 

○サーブ賞(サーブ効果率)

越川優(JTサンダーズ)

 

○サーブレシーブ賞(サーブレシーブ成功率)

古賀幸一郎(豊田合成トレフェルサ)

 

○優秀GM

栗生澤淳一(JTサンダーズ 部長)

 

20周年ニューヒーロー賞

井手智(東レアローズ)

 

※はレギュラーラウンドでの成績による。

 

Vリーグ栄誉賞(通算230試合出場)

北島武(堺ブレイザーズ)

松本慶彦(堺ブレイザーズ)

酒井大祐(JTサンダーズ)

枩田優介(パナソニックパンサーズ)

 

Vリーグ日本記録賞

○最多得点日本記録

越川優(JTサンターズ)

○サーブ効果率日本記録

越川優(JTサンターズ)

 

Vリーグ功労賞

加藤陽一(つくばユナイテッドSun GAIA)

濱口純一(東京ヴェルディ)

 

 

写真

»過去の記事一覧へ

NEWS