スマートフォン解析

HOME > 国際大会 > 第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン)女子バレーボール競技

国際大会

第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン)女子バレーボール競技

試合結果

最終順位

1位 ブラジル
2位 アメリカ
3位 日本
4位 韓国
5位 中国、ドミニカ共和国、イタリア、ロシア
9位 イギリス、トルコ
11位 アルジェリア、セルビア

日本の試合結果

8月11日 日本×韓国戦 3位決定戦

チーム セットカウント 第1セット 第2セット 第3セット 第4セット 第5セット
日本
-
3 25 26 25 - -
韓国
-
0 22 24 21 - -

【第1セットのスタメン】

新鍋 理沙 新鍋 理沙 荒木

絵里香 荒木
絵里香
木村 沙織 木村 沙織
迫田 さおり 迫田 さおり 大友 愛 大友 愛 竹下 佳江 竹下 佳江 佐野 優子 佐野 優子
(リベロ)

【戦評】

 第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン)女子バレーボール競技 3位決定戦の対戦相手は、韓国。勝利すれば1984年ロサンゼルスオリンピック以来28年ぶりのメダル獲得となる。この一世一代の勝負の舞台で日本は、これまで追求してきた技術の全てを出し切り、セットカウント3-0で勝利。悲願の銅メダルを獲得した。

 第1セット、荒木絵里香の速攻が決まり勢いづいた日本は、6-1と一気にリードを奪った。しかし立ち上がり調子の上がらなかったエース・キム,ヨンギョンが息を吹き返し一気に得点され、自身のミスもあり、9-10と逆転を許した。そこからは一進一退の攻防が続いたが、日本は本日好調の迫田さおりを中心に攻撃。19-19から荒木が連続得点し、21-19と一歩リード。しかし再び並ばれ21-21。そこから木村沙織のフェイント等で3連続得点し、最後は、迫田が決め25-22で第1セットを先取した。
 第2セット、立ち上がりから木村のサーブが相手守備を崩し、連続得点に成功した日本。流れを掴み8-1と一気に引き離した。しかし、そこから韓国も粘り強くボールを繋ぎ、日本にもミスが出て連続得点を許す場面もあったが、本日好調の迫田が流れを断ち切り、16-11とリードを守った。しかし、大友愛の攻撃が高いブロックに阻まれ、再び連続得点を許し16-15と迫られた。終盤24-21から日本は3連続失点し、デュースにもつれ込んだ。しかし苦しい場面で再び迫田が決め、最後は韓国にミスが出て26-24で第2セットを連取した。
 勝てばメダル獲得の第3セット、両者一歩も譲らないシーソーゲームが続いた。序盤にリードを奪われた日本だったが、迫田、木村が気迫の攻撃で相手に流れを譲らなかった。19-16から、エース・キム,ヨンギョンに連続得点され、ミスの出た日本は19-19と並ばれた。しかし日本はその悪いムードを迫田のバックスパイクで一蹴し、新鍋理沙が相手ブロックを利用し、巧みにブロックアウトを取り得点。最後は本日大車輪の活躍の迫田が決め25-21、セットカウント3-0で韓国を破り、見事28年ぶりとなるメダルを獲得した。

TOPへ


8月9日 日本×ブラジル戦 準決勝

チーム セットカウント 第1セット 第2セット 第3セット 第4セット 第5セット
日本
3
0 18 15 18 - -
ブラジル
-
3 25 25 25 - -

【第1セットのスタメン】

江畑 幸子 江畑 幸子 新鍋 理沙 新鍋 理沙 荒木

絵里香 荒木
絵里香
大友 愛 大友 愛 竹下 佳江 竹下 佳江 木村 沙織 木村 沙織 佐野 優子 佐野 優子
(リベロ)

【戦評】

 第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン)女子バレーボール競技 準決勝の対戦相手は、前回大会覇者のブラジル。勝利すれば1984年ロサンゼルスオリンピック以来、28年ぶりのメダル獲得が決定する勝負の一戦で日本は、実力を発揮することができず、セットカウント0-3でブラジルに敗れた。

 第1セット、立ち上がりから1点を奪い合う、両者気迫のこもったプレーを展開。日本は緊迫した中でも、サーブレシーブをセッターに返し速い攻撃で得点を重ね、15-16。しかしここから江畑幸子がブロックに捕まり、長いラリーを相手に奪われるなど連続失点をした日本は、16-20と引き離された。流れを失った日本は、そのまま押し切られ18-25で第1セットを奪われた。
 第2セット、立ち上がりからミスの目立つ日本は2-6と引き離された。そこから相手ミスにも助けられ、再び点差を縮め9-10。しかし、サーブで相手守備を崩せない日本は、ブラジルの速攻を止めることができず、また自身のミスも目立ち12-22と非常に苦しい展開に。そのまま挽回のチャンスを見いだせず15-25で奪われた。
 第3セット、ブラジルの高いブロックに攻撃を阻まれ、流れに乗れない日本。ブラジルの緩急つけた攻撃に守備を揺さぶられ、5-8と再び後を追う展開。井上香織、山口舞を起用して、嫌な流れを断ち切りたい日本だが、ブラジルの高い攻撃を意識してかスパイクにミスが出てしまった。またサーブレシーブの乱れから攻撃が単調化し、ブロックに捕まるという悪循環に苦しめられ、終始相手ペースのまま押し切られ18-25、セットカウント0-3でブラジルに敗れ、決勝戦進出を逃した。

 次戦(3位決定戦)は8月11日(土) 11:30(日本時間19:30)より銅メダルをかけて韓国と対戦することが決定した。

TOPへ


8月7日 日本×中国戦 準々決勝

チーム セットカウント 第1セット 第2セット 第3セット 第4セット 第5セット
日本
-
3 28 23 25 23 18
中国
-
2 26 25 23 25 16

【第1セットのスタメン】

江畑 幸子 江畑 幸子 新鍋 理沙 新鍋 理沙 荒木

絵里香 荒木
絵里香
大友 愛 大友 愛 竹下 佳江 竹下 佳江 木村 沙織 木村 沙織 佐野 優子 佐野 優子
(リベロ)

【戦評】

 第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン)女子バレーボール競技、準々決勝の対戦相手は、中国。中国は、昨年のワールドカップで3位となり、本大会の出場権を獲得し、世界ランキングは3位と日本の2つ上。眞鍋政義監督就任以降の対戦成績は4勝8敗と苦戦を強いられてきた相手。眞鍋監督は開幕前から、準々決勝のこの試合がメダル獲得への大きなポイントとなると宣言していた大一番。日本は、フルセットの大接戦を制し、中国に勝利。ベスト4進出を決めた。

 第1セット序盤から、長いラリーが続く気迫の展開。一進一退の攻防が続き13-13。しかしここから中国に3連続得点を許し13-16とリードを許した。しかし粘る日本は大友愛のブロックポイント等で再び追い上げ、終盤22-24から3連続得点し、25-24。最後は木村沙織が決め28-26で第1セットを先取した。
 第2セット、立ち上がりからミスの出た日本は中国にリードを奪われた。しかし日本は自分たちのリズムを崩さず連続得点を重ね7-6と逆転に成功。そこからシーソーゲームとなったが、14-14からミスの出た日本は、中国に連続得点を許し15-19。終盤2枚替えで入った中道瞳と狩野舞子が流れを引き寄せ21-22と迫ったが、逆転することは叶わず、23-25で奪われた。
 第3セット、再び息をのむ長いラリーが続く攻防が続いた。12-11から中国のエース惠若琪に4連続で決められ12-15と苦しい展開に。しかし終盤、19-20の要所で荒木絵里香のサービスエースが決まり20-20。そこから流れを掴んだ日本は江畑幸子のスパイクなどで得点を重ね、最後は木村沙織が決めて25-23で奪い返した。
 第4セット、序盤から連続失点した日本は3-6と追いかける展開。9-14から4連続得点した日本は13-14と一気に点差を詰めた。終盤23-23の場面で王一梅に強打を決められ、最後は木村のスパイクがブロックされ、23-25で奪われた。
 運命の最終セット、集中力を切らさない日本は、江畑、木村を中心に得点し、対する中国も一歩も譲らない。14-15、15-16とマッチポイントを先に奪われたが、交代で入った中道のサーブが連続して相手を崩し、18-16、セットカウント3-2で中国を破りベスト4進出が確定した。

 この結果日本は、1988年ソウルオリンピック(4位)以来となる準決勝に進出。次戦8月9日(木)19:30(日本時間10日15:30)より、ブラジルと対戦することが決定した。


TOPへ


8月5日 日本×イギリス戦 予選リーグ(A組) 第5戦

チーム セットカウント 第1セット 第2セット 第3セット 第4セット 第5セット
日本
3勝2敗
3 25 25 25 - -
イギリス
1勝4敗
0 19 14 12 - -

【第1セットのスタメン】

新鍋 理沙 新鍋 理沙 荒木

絵里香 荒木
絵里香
木村 沙織 木村 沙織
江畑 幸子 江畑 幸子 大友 愛 大友 愛 竹下 佳江 竹下 佳江 佐野 優子 佐野 優子
(リベロ)

【戦評】

第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン)女子バレーボール競技 予選ラウンド最終第5戦。開催国であるイギリスは今大会がオリンピック初出場となる。1993年以降の日本の対戦記録では、公式戦での対戦はない。世界ランキング5位の日本は、同ランキング69位のイギリスに対し、終始優位に試合を進め、セットカウント3-0で勝利した。

第1セット、日本は序盤に木村、江畑のスパイクなどで連続ポイントを奪うと、その後も着実に点数を重ね、25-19で第1セットを制した。
第2セット、序盤こそ互いに点を取り合う展開となるが、その後相手のサーブミスやスパイクミスなどもあり、25-14と2セットを連取する。
第3セットに入っても、序盤で英国にリードを許す場面もあったが、最初(8点)のテクニカルタイムアウト以降連続ポイントで大量リードし、イギリスに反撃する隙を与えず、25-12のセットカウント3-0で完勝した。

各組の最終順位は以下の通りとなり、この結果、準々決勝でA組1位のロシアとB組4位のブラジル、A組4位のドミニカ共和国とB組1位のイタリアが対戦することが決定。またFIVB(国際バレーボール連盟)のドローの結果、A組2位のイタリアがB組3位の韓国と、A組3位の日本がB組2位の中国と対戦することが決まりました。

■A組最終順位
1位:ロシア (勝点14/5勝0敗)
2位:イタリア (勝点13/4勝1敗)
3位:日本 (勝点9/3勝2敗)
4位:ドミニカ共和国 (勝点6/2勝3敗)
5位:イギリス (勝点2/1勝4敗)
6位:アルジェリア (勝点1/0勝5敗)

■B組最終順位
1位:アメリカ (勝点15/5勝0敗)
2位:中国 (勝点9/3勝2敗)
3位:韓国 (勝点8/2勝3敗)
4位:ブラジル (勝点7/3勝2敗)
5位:トルコ (勝点6/2勝3敗)
6位:セルビア (勝点0/0勝5敗)

■準々決勝競技日程
8月7日(火)
13:00(21:00) 日本 - 中国
15:00(23:00) ロシア - ブラジル
19:00(8日3:00) ドミニカ共和国 - アメリカ
21:00(8日5:00) イタリア - 韓国
※( )内は日本時間です。

TOPへ


8月3日 日本×ロシア戦 予選リーグ(A組) 第4戦

チーム セットカウント 第1セット 第2セット 第3セット 第4セット 第5セット
日本
2勝2敗
1 25 17 25 19 -
ロシア
4勝0敗
3 27 25 20 25 -

【第1セットのスタメン】

井上 香織 井上 香織 木村 沙織 木村 沙織 竹下 佳江 竹下 佳江
山口 舞 山口 舞 迫田 さおり 迫田 さおり 大友 愛 大友 愛 佐野 優子 佐野 優子
(リベロ)

【戦評】

 第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン)女子バレーボール競技 予選ラウンド第4戦。オリンピック出場は4度目となる身長202㎝のエース、エカテリーナ・ガモワ率いる世界ランキング9位ロシア。ロシアはシドニー、アテネはいずれも銀、前回北京では日本と同順位の5位に沈んだ。1993年以降の日本の対戦記録では、通算成績22勝69敗、眞鍋監督就任以降の対戦成績は3勝5敗と強敵だ。世界ランキング5位の日本はロシアに対しセットカウント1-3敗れ、予選ラウンド2勝2敗となった。

 第1セット、迫田さおりのスパイクなどで19-14と5点をリードする場面もあったが、セット終盤にロシアの連続得点で追いつかれ、デュースの末に25-27で奪われた。
 第2セットはロシアの高い打点からのスパイクやサーブでレシーブを崩され、終始リードを奪われたまま17-25でセットを落とした。
 第3セット、大友愛のサーブポイントでスタートすると、迫田のスパイクなどでリードを広げ、日本が終始リードする展開で進み、最後は井上香織がブロックを決めて25ー20で第3セットを奪った。
 第4セットは、序盤にリードする場面もあったが、中盤から後半にかけてロシアに連続ポイントを許し、13-16の2回目のテクニカルタイムアウトからは差を縮められず19ー25で奪われ、セットカウント1-3で敗れた。

 予選ラウンド最終戦となる次戦は、8月5日(日)14:45(現地時間)より、開催国のイギリス(世界ランキング69位)と対戦する。

TOPへ


8月1日 日本×ドミニカ共和国戦 予選リーグ(A組) 第3戦

チーム セットカウント 第1セット 第2セット 第3セット 第4セット 第5セット
日本
2勝1敗
3 25 25 25 - -
ドミニカ共和国
0勝3敗
0 20 19 23 - -

【第1セットのスタメン】

江畑 幸子 江畑 幸子 山口 舞 山口 舞 井上 香織 井上 香織
大友 愛 大友 愛 竹下 佳江 竹下 佳江 木村 沙織 木村 沙織 佐野 優子 佐野 優子
(リベロ)

【戦評】

 第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン)女子バレーボール競技 予選ラウンド第3戦。初戦に続き、再び早い時間(9:30)スタートの試合となった。北中米大陸予選を制してオリンピック出場を決めた近年成長著しいドミニカ共和国。1993年以降の記録では、通算成績13勝3敗、眞鍋監督就任以降の対戦成績は5勝1敗と勝ち越している。世界ランキング5位の日本は、同ランキング11位のドミニカ共和国に対し、追い上げられる場面があったものの、リードを許さず、セットカウント3-0で勝利した。

 セッター対角のポジションに山口舞、ミドルブロッカーに大友愛と井上香織を起用して臨んだ第1セット。序盤から両チーム譲らず一進一退の攻防が続いた。ドミニカ共和国はエース、ベタニア・デラクルスのバックスパイクなど高さとパワーの攻撃を展開。対する日本もこれまで追求してきた速いコンビネーションバレーで応戦。要所でミスの目立つドミニカ共和国に対し、ミスを最小限に抑えた日本は、相手に連続得点を許さず、木村沙織、江畑幸子を中心に得点を重ね、第1セットを25-20で先取した。
 第2セット、再び序盤からミスの目立つドミニカ共和国。日本は相手エースの強打を粘り強く繋ぎ、本日好調の大友の速攻などが決まり流れを掴んだ。終始リードしたまま試合を進め、最後2枚替えで入った中道瞳がサービスエースを決め、25-19で第2セットを連取した。
 第3セット、中盤15-10でリードした場面から4連続失点した日本は、15-14と詰め寄られた。しかし、そこからきっちりと立て直し、サーブレシーブが崩れた場面からも速い攻撃を展開するなど、これまでの練習の成果を発揮した日本。最後は相手にミスが出て25-23、セットカウント3-0のストレートで快勝した。


 次戦は、8月3日(金)11:30(現地時間)より、世界ランキング9位、日本が銅メダルを獲得した2010年世界選手権で金メダルのロシアと対戦する。

TOPへ


7月30日 日本×イタリア戦 予選リーグ(A組) 第2戦

チーム セットカウント 第1セット 第2セット 第3セット 第4セット 第5セット
日本
1勝1敗
1 22 21 25 22 -
イタリア
2勝0敗
3 25 25 20 25 -

【第1セットのスタメン】

江畑 幸子 江畑 幸子 新鍋 理沙 新鍋 理沙 荒木

絵里香 荒木
絵里香
大友 愛 大友 愛 竹下 佳江 竹下 佳江 木村 沙織 木村 沙織 佐野 優子 佐野 優子
(リベロ)

【戦評】

 第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン)女子バレーボール競技 予選ラウンド第2戦。昨年のワールドカップ覇者のイタリアとは、同大会で対戦して以来の対戦(2011年11月4日セットカウント1-3で敗戦)。1993年以降の記録では、通算成績15勝36敗と苦戦を強いられている相手だが、眞鍋監督就任以降の対戦成績は6勝8敗。世界ランキング5位の日本は、同ランキング4位と一つ格上のイタリアに対し、セットカウント1-3で敗れた。

 日本は第1、第2セットを終始イタリアのペースで運ばれ、2セットを先取されてしまった。第3セットに入り、木村沙織の活躍で終始日本ペースで試合を進め、25-20でセットを奪った。第4セット、一進一退の展開で終盤まで進み、何度か日本がリードする場面もあったが、最後はイタリアの高さのあるブロックなどでリードを許してしまい、22-25、セットカウント1-3で奪われた。日本は1勝1敗となり、上位で予選ラウンド通過を狙う日本としては、痛い1敗となった。

 次戦は、8月1日(水)9:30(現地時間)より、世界ランキング11位のドミニカ共和国と対戦する。

TOPへ


7月28日 日本×アルジェリア戦 予選リーグ(A組) 第1戦

チーム セットカウント 第1セット 第2セット 第3セット 第4セット 第5セット
日本
1勝0敗
3 25 25 25 - -
アルジェリア
0勝1敗
0 15 14 7 - -

【第1セットのスタメン】

迫田 さおり 迫田 さおり 山口 舞 山口 舞 井上 香織 井上 香織
荒木

絵里香 荒木
絵里香
竹下 佳江 竹下 佳江 木村 沙織 木村 沙織 佐野 優子 佐野 優子
(リベロ)

【戦評】

 第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン)女子バレーボール競技予選ラウンド第1戦、9:30(現地時間)にスタートした日本対アルジェリア戦がバレーボール競技の開幕戦となった。アルジェリアとは2011年11月8日(ワールドカップ)以来の対戦。1993年以降の記録では、2度対戦しているが、いずれも勝利している。慣れない早い時間の試合ではあったが、世界ランキング5位の日本は、同ランキング16位のアルジェリアにつけいる隙を見せず、手堅く勝利し、幸先の良いスタートを切った。

 男女バレーボール競技のスタートを飾る初日の第1試合ではあったが、日本は第1セットを緊張した様子(硬くなっている様子)もなく、サーブ、レシーブ、スパイクの全てが安定しており、アルジェリアを圧倒し、セットを奪った。
 第2セットに入っても、13-13までの序盤こそ一進一退の戦いとなったが、セット後半は木村、迫田のスパイクで引き離し、アルジェリアに13点以降1点しか与えずセットを奪う。
 第3セットも江畑のスパイクや荒木のサーブで連続得点をし、アルジェリアを終始圧倒した日本がセットカウント3-0のストレートで初戦をものにした。

 次戦は、7月30日(月)20:00(現地時間)より、昨年のワールドカップ覇者で世界ランキング4位のイタリアと対戦する。

TOPへ


国際大会

利用規約個人情報保護方針サイトマップお問合わせリンク