HOME >  国際大会 >  FIVBバレーボール世界選手権2014アジア男女最終予選 小牧大会

国際大会

FIVBバレーボール世界選手権2014アジア男女最終予選 小牧大会

概要

世界選手権とは

世界選手権はバレーボール界で最も歴史と伝統のある世界最大規模のイベント。男女ともオリンピックの中間年に4年ごとに開催され、第1回大会は1949年に男子がチェコスロバキアで、1952年に女子がソビエトで開催された。

2014年で第18回目を数える男子大会(2014年9月3日~21日[予定])はポーランドで、第17回目を数える女子大会(2014年9月23日~10月12日[予定])はイタリアで、本大会が開催される。

2014年の世界選手権出場を目指し、男子154チーム、女子141チーム、計295チームがそれぞれの大陸予選にエントリー。予選を勝ち抜いたチームと開催国、男女併せて48チーム(男子24、女子24)が本大会に出場する。

世界選手権2014 出場枠

■男子(24チーム)
開催国 ポーランド
ヨーロッパ大陸 8チーム(※ポーランドを除く)
アジア大陸 4チーム
北中米大陸 5チーム
南米大陸 3チーム
アフリカ大陸 3チーム
■女子(24チーム)
開催国 イタリア
ヨーロッパ大陸 9チーム(※イタリアを除く)
アジア大陸 4チーム
北中米大陸 6チーム
南米大陸 2チーム
アフリカ大陸 2チーム

アジア予選参加チーム

■男子

【第1ラウンド】・・・(2013年6月)
第1ラウンドは西アジアゾーンのみ実施。西アジアゾーンにエントリーした10チームが3つのサブゾーンに分かれてそれぞれ戦い、各サブゾーンの上位2チーム、計6チームが第2ラウンドの西アジアゾーンに進出する。

西アジアサブゾーン1 リビア、イラク、ヨルダン、シリア
西アジアサブゾーン2 クウェート、サウジアラビア、イエメン
西アジアサブゾーン3 バーレーン、カタール、アラブ首長国連邦(UAE)

【第2ラウンド】・・・(2013年6~7月)
第2ラウンドは中央アジアゾーンと西アジアゾーンは2開催地、東アジアゾーン、東南アジアゾーンは1開催地で行われる。中央アジアゾーン1と東アジアゾーンは最上位1チーム、それ以外のゾーンは上位2チーム、計10チームが最終ラウンドに進出する。

中央アジアゾーン1 カザフスタン、ウズベキスタン、アフガニスタン
中央アジアゾーン2 インド、パキスタン、スリランカ、モルディブ
東アジアゾーン チャイニーズタイペイ、ホンコンチャイナ
東南アジアゾーン タイ、インドネシア、ミャンマー、ベトナム
西アジアゾーン1 カタール(西アジアサブゾーン3の2位)、
サウジアラビア(西アジアサブゾーン2の2位)、
リビア(西アジアサブゾーン1の1位)
西アジアゾーン2 バーレーン(西アジアサブゾーン3の1位)、
クウェート(西アジアサブゾーン2の1位)、
イラク(西アジアサブゾーン1の2位)

【最終ラウンド】・・・(2013年9月)
第2ラウンドを勝ち上がってきた10チームに、エントリーが1チームのため出場が決まったオセアニアゾーンの1チーム、最終ラウンドから参戦する5チームを加えた16チームが4つのプールに分かれてそれぞれ戦う。各プール最上位1チーム、計4チームが、ポーランドで開催される本大会への出場権を獲得する。

オーストラリア大会
(プールA)
日程:9月6日~8日
開催地:キャンベラ(オーストラリア)
オーストラリア(最終ラウンドから参戦/WR11位)
カザフスタン(中央アジアゾーン1の1位/WR48位)
タイ(東南アジアゾーンの1位/WR48位)
クウェート(西アジアゾーン2の2位/WR122位)
イラン大会
(プールB)
日程:9月11日~13日
開催地:テヘラン(イラン)
イラン(最終ランドから参戦/WR14位)
パキスタン(中央アジアゾーン2の2位/WR41位)
インドネシア(東南アジアゾーンの2位/WR52位)
バーレーン(西アジアゾーン2の1位、WR122位)
中国大会
(プールC)
日程:9月20日~22日
開催地:都市未定(中国)
中国(最終ラウンドから参戦/WR16位)
インド(中央アジアゾーン2の1位/WR30位)
チャイニーズタイペイ(東アジアゾーンの1位/WR53位)
サウジアラビア(西アジアゾーン1の2位/WR122位)
小牧大会
(プールD)
日程:9月4日~8日
開催地:小牧(日本)
日本(最終ラウンドから参戦/WR19位)
韓国(最終ラウンドから参戦/WR24位)
カタール(西アジアゾーン1の1位/WR53位)
ニュージーランド(オセアニアゾーン[※エントリーが1チームのため決定]/WR78位)

※WR・・・FIVB世界ランキング(2013年1月23日時点)

■女子

【第1ラウンド】・・・(2013年6月)
第1ラウンドは中央アジアゾーン、東アジアゾーン、東南アジアゾーンのみ実施。各ゾーン最上位1チーム、計3チームが最終ラウンドに進出する。

中央アジアゾーン インド、ウズベキスタン
東アジアゾーン チャイニーズタイペイ、ホンコンチャイナ、北朝鮮(※不参加)
東南アジアゾーン ベトナム、インドネシア、フィリピン、ミャンマー

【最終ラウンド】・・・(2013年9~10月)
第1ラウンドを勝ち上がってきた3チームに、最終ラウンドから参戦する7チームを加えた10チームが2つのプールに分かれてそれぞれ戦う。各プール上位2チーム、計4チームが、イタリアで開催される本大会への出場権を獲得する。

小牧大会
(プールA)
日程:9月4日~8日
開催地:小牧(日本)
日本(最終ラウンドから参戦/WR3位)
タイ(最終ラウンドから参戦/WR12位)
チャイニーズタイペイ(東アジアゾーンの1位/WR28位)
ベトナム(東南アジアゾーンの1位/WR93位)
オーストラリア(最終ラウンドから参戦/WR103位)
中国大会
(プールB)
日程:9月27日~10月1日
開催地:都市未定(中国)
中国(最終ラウンドから参戦/WR5位)
韓国(最終ラウンドから参戦/WR11位)
カザフスタン(最終ラウンドから参戦/WR30位)
ニュージーランド(最終ラウンドから参戦/WR71位)
インド(中央アジアゾーンの1位/WR103位)

※WR・・・FIVB世界ランキング(2013年1月23日時点)

国際大会

利用規約個人情報保護方針サイトマップお問合わせリンク